フォローする

エラーメッセージ「ハードドライブの中に DxO PhotoLab でサポートされていない方法でコンフィギュレーションされたものが検知されました」が出ます。

Error_message_-_Japanese.jpg 

これはMACのみの問題です。

外部ハードドライブを使用している際、DxO PhotoLabから無効なコンフィギュレーションの警告を受けることがあります。これはDxO PhotoLabが、ドライブを個別に認識する際、UUID(Universally Unique Identifier) を使ってボリュームの認識を行っているからで、同じ名前のボリュームを使っている可能性があります。この警告メッセージが出たら、お使いの複数のボリュー ムが同じUUIDを持っていることを指します。このため、DxO PhotoLabがボリュームの個別の認識が出来なくなります。

ボリュームのUUIDをチェックするには、以下の手順に沿ってください:
・Appleメニューから、〔このMacについて〕を選択し、〔もっと詳しく…〕をクリックします。

これでハードウェアのコンフィギュレーションを示すウィンドウが表示されます。

・ここで〔システムレポート…〕ボタンをクリックして、レポートウィンドウを表示します。

・左側の〔ハードウェア〕セクションで、〔ストレージ〕アイテムを選択します。これで、全てのボリュームのリストが表示されます。

・右上の欄で選択したボリュームにたいして、下の欄に〔ボリュームのUUID〕が表示されます。

同じUUIDを持っているボリュームが複数ないかどうか確認してください。

これは、同じメーカーで同じモデルのハードドライブを複数購入した場合に発生します。メーカーは同じテンプレートを使ってボリュームのコピーを行う ため、UUIDが同じディバイスが生産されることになります。これは、自分でハードディスクを同じソフトウェアを使ってコピーした場合にも発生します。

このようなコンフィギュレーションの下でDxO PhotoLabを使う場合、該当するボリュームの画像を表示できなくなることがあります。画像の入っているフォルダを開いてもDxO PhotoLabは画像が無いと言って来ます。

これを解決するには幾つかの方法があります:

・ボリュームの一つを再フォーマットして、個別のUUIDをボリュームにつけます。これを実行する場合は慎重に行ってください。再フォーマットをすることでドライブにある全てのデータを削除してしまい、動作を行う前の状態に戻すことは不可能です。

・技術的な知識が十分にある方の場合、またはそのような知識を持っている方にサポートしてもらう場合、ドライブのUUIDを再フォーマットせずに変 更することが可能です。コメントラインツール‘hfs.util’の‘-s’オプションを使います。この場合、オペレーション自体の意味を完全に理解して いる必要があります。万が一のために、ドライブのバックアップをとっておくことをお勧めします

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント