フォローする

自分の持っているカメラとレンズの組合せに対応する DxO 光学モジュールがありませんが、この場合、DxO PhotoLab は使えますか?

まず、DxO 光学モジュールは光学的欠陥(ディスト―ション、ヴィネット、色収差、レンズブラ―)の自動補正のためだけに使われます。お持ちのカメラの RAW 画像現像がサポートされている場合(このページで確認可能)、光学的欠陥の自動補正は出来ませんが、現像他の補正をすることは可能です。TIFF または JPEG画像であれば、どのカメラで撮影されたもので補正作業をすることができます。

DxO 光学モジュールが無い場合でも、DxO PhotoLab の他の補正機能にアクセスすることができます。光学的欠陥の自動補正は出来ませんが、手動で補正することは可能です。一度満足いく手動補正が出来たら、設定内容をプリセットに保存して、似たような条件で撮影された他の画像に適用できます(特に同じ焦点距離の場合に有効です)。

DxO 光学モジュールの数を増やすように常に尽力しておりますが、新しい DxO 光学モジュールのご要望がありましたら、このページ.に入力してください。今後の開発の優先度を決めるための材料とさせていただきます。

弊社にご要望をいただく前に、ご希望のカメラとレンズの組合せが既にサポートされているか、サポートの予定に入っているかどうかこのページで確認をお願いいたします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント