フォローする

HDR 画像を撮影する方法

ここでは、HDR 画像を撮影する方法を説明し、高画質の HDR 画像の実現に必要な機器と技術に関する基本事項を示します。このほか、www.stuckincustoms.comwww.captainkimo.com などのウェブサイトにあるさまざまなオンライン チュートリアルも参考になります。

基本ツール:

1. カメラ: 自動段階露出の機能があるカメラ、または手動露出設定ができるカメラをおすすめします。使用している特定のカメラで自動段階露出または手動露出を設定する方法については、カメラの説明書を参照してください。

2. 三脚: しっかりした三脚の使用を強くおすすめします。カメラを固定し、同じ位置で複数の露出を撮影することが重要です。

3. リモートまたはシャッター リリース: リモートまたはシャッター リリース ケーブルがあれば、シャッター ボタンを押す操作によるカメラのブレを抑えることができます。ただし、これは必須ではありません。

カメラのセットアップ:

1. カメラを三脚に取り付けます。一連の露出で撮影する間、カメラを固定して動かないようにすると、最適な結果が得られます。

2. カメラの設定:

a. ホワイト バランス、フラッシュ、オートフォーカスなどの手動の設定をオフにします。
b. 必要に応じてカメラを自動段階露出(AEB)モードに設定します。

i. 一連の露出数を選択します。
ii. 通常は 3 つの露出(-2、0、+2)で十分です。
iii. 1 段刻みで 5 回の露出(-2、-1、0、+1、+2)が一般的な設定です。

c. 露出優先モードで撮影します。露出優先モードにすると、一連の露出を通して被写界深度を一定にできます。
d. 連写モードを使用すると高速撮影が可能です。
e. ノイズの発生を抑えるために ISO をできるだけ低い数値に設定します。

3. 撮影: 光のコントラストが非常に強い(ハイライトからシャドウまでを含んでいる)シーンを選択します。HDR 技術はこのようなタイプのシーンで最も効果的です。風景、建造物、夜景、室内の写真などによく利用されます。

 

必要なカメラの種類

レンズ交換式デジタル一眼レフカメラが理想的ですが、露出ブラケットまたは手動露出コントロールを備えていれば、まず問題ありません。


複数の画像を撮影する際の三脚の使用

必須ではありませんが、使用することを強くおすすめします。最高レベルの品質を得るには、三脚に固定して撮影すると、各画像を撮影するときにカメラのブレが抑えられます。三脚が使えない場合は、カメラをできるだけ固定します。たとえば、カメラを木や壁に立てかけたり、岩や手すりの上に載せたりします。


HDR Efex Pro 2 で HDR 画像を作成するのに必要な撮影枚数

ほとんどのシーンは、露出を 1 段階ずつ変更して 5 枚の画像を撮影するか、2 段階ずつ変更して 3 枚の画像を撮影することで撮影できます。太陽光での撮影など、より難しい撮影の場合は、1 段階ずつ変更して 7 枚ほどの画像が必要になることがあります。

統合できる画像の数に制限はありません。テストとユーザーからのフィードバックを見る限り、5 枚の撮影でほとんどのシーンを撮影できるようです。難度の非常に高いシーン(太陽光で撮影するような場合など)では 7~9 枚撮影する場合もあります。


複数画像を撮影する際に必要な露出段階

最適な結果を得るには、2 段階以内で画像を撮影してください。

 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント