フォローする

Color Efex Pro 4 の使用方法チュートリアル

インターフェースの概要

 

1 .〔表示〕プレビューモード

〔単一画像プレビュー〕:この表示モードでは、アナログ写真効果が適用された画像が画像プレビューエリアに表示されます。
〔分割プレビュー〕:この表示モードを選択すると、画面に垂直あるいは水平の赤い線が表示され(赤い線についているボタンで切り替え可能、また赤い線はマウスカーソルを使って左右、上下に移動可能)、補正前と補正後の画像を画面を2分割して確認することができます。
〔並列プレビュー〕:この表示モードを選択すると、補正前と補正後の画像が2つのプレビュー画面に並んで表示され、アナログ効果を画面全体や画面の一部(ループウィンドウ内)で比較することができます。
プレビュー画面ではズームとナビゲーター機能が連動しており、拡大ズームがプレビュー画面からはみ出すとナビゲーターウィンドウが現れ、どの部分がプレビュー画面に表示されているか確認してながら、マウス操作で拡大プレビューの部分を移動できます。

2.〔比較〕ボタン
通常、プレビュー画面には〔ヒストリーブラウザ〕で選択されている補正内容が表示されますが、このボタンをクリックすると補正が適用されていない状態の画像に切り替えることができます。ボタンのクリックを解除すると、補正された画面に戻ります。〔ヒストリーブラウザ〕の左の〔ヒストリー選択スライダ〕を移動すると、このスライダが差している段階の画面と比較できます。

比較ボタンは、単一画像プレビューを選択しているときだけ使うことができます。

3.〔ズーム(○○%)〕ボタンと〔ズーム率選択〕メニュー
ズームツールは画像のズームイン(拡大)/ズームアウト(縮小)ができます。画像の読み込み時はズームフィットで画像全体が表示されますが、ズームツールボタンをクリックすると、自動的に設定されたズーム率(デフォルトでは100%に設定)で画像が表示されます。ズームインして、画像全体がプレビュー画面に表示できなくなると、画面上にナビゲーターウィンドウが重なって表示され、ナビゲーターウィンドウ内の小さな四角をクリックして移動すると画面上の好きな場所をプレビュー画面に表示することができます。また、ボタンの右側の〔▶〕をクリックすると、メニューが開いて、好きなズーム率を選択できます。ズーム率の切り替えは、〔スペース〕キーを使っても可能です。

4.〔背景カラーを変更〕ボタン
このアイコンをクリックすると、白、グレー、黒の背景カラーを交互に表示して変更をすることができます。

5.〔調整パネルの表示/非表示〕ボタン
このボタンをクリックすると、インターフェース上の右側と左側に表示される〔調整パネル〕を表示/非表示にすることができます。パネルを非表示にすると、画像を大きなサイズでプレビューすることができます。

 

〔フィルタ(プリセット)〕セクション

1.〔Color Efex Pro 4 フィルタ〕パレット
〔フィルタ〕パレットには、Color Efex Pro 4 で利用できる各種フィルタ(プリセット/レシピ)が用意されており、選択されたカテゴリーに入っているフィルタのリストが表示されます。フィルタを1つ選んでタイトルの右にある〔フィルタ〕のプリセット表示ボタンをクリックすると、様々なバリエーションがサムネイル画像で表示されます。フィルタの項目の右にある〔▲/▼〕ボタンをクリックすると、フィルタのリストの中を上下して別のフィルタを選択できます。

2〔フィルタ〕のカテゴリー
パレットの上部には、フィルタがカテゴリー別にまとめてあります。それぞれの項目をクリックすると、そのカテゴリーに分類されているフィルタを参照することができます。〔すべて〕をクリックすると、搭載されている全てのフィルタが表示されます。

3.〔お気に入り〕選択ボタン〔☆〕
フィルタのタイトルの左の〔☆〕マークをクリックすると〔お気に入り〕カテゴリーとNik Collectionの〔Selective Tool〕パレットの〔フィルタ〕タブに追加することができ、Color Efex Pro 4 を Photoshop または Photoshop Elements のプラグインとして使う場合、直ぐに利用することができるようになります。再び〔★〕マークをクリックすると、お気に入りへの追加をキャンセルすることができます。

4.〔フィルタ〕のプリセット表示ボタン
〔フィルタ〕リストの各項目の上ををマウスオーバーすると右側に〔フィルタ〕のプリセット表示ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、選択したフィルタに用意されているプリセットがサムネイル画像と一緒に表示され、Color Efex Pro 4 で利用できるフィルタのバリエーションから選ぶことができます。他の Nik Collection のプラグインと違い、〔フィルタ〕リストに、カスタムプリセットを作成・追加したりインポートすることはできません。特定のフィルタのカスタマイズした設定を保存するには、画面右の調整パレットの下にある〔レシピを保存〕ボタンをクリックして、カスタムレシピとして登録します。

5.〔フィルタ〕調整セクションのオプション表示/非表示ボタン
このボタンをクリックすると、フィルタの調整パレットの表示/非表示を切り替えることができます。また。このボタンはフィルタが1つの場合は無効になっており、フィルタを追加すると有効になります。

6.〔フィルタ〕効果の表示/非表示チェックボックス
このチェックボックスにチェックを入れると、フィルタの効果がプレビュー画面に反映され、チェックを外すと反映されなくなります。

7.〔フィルタ〕コントロールメニュー

〔コントロール ポイント コピー〕: このオプションを選択すると。選択されているフィルタに設定されている全てのコントロールポイントをコピーしてクリップボードにコピーします。これは、1つのフィルタに設定したコントロールポイントを他のフィルタにコピー&ペーストすることで、複数のフィルタに対して同じコントロールポイントを設定することができます。
〔コントロール ポイント 貼り付け〕:このオプションを選択すると、選択されているフィルタに、コピーされたコントロールポイントをペースト(貼り付け)することができます。
〔フィルタのリセット(CP保持)〕:このオプションを選択すると、既に設定されたコントロールポイントは保持しつつ、フィルタに設定された調整をリセットします。
〔フィルタのリセット(CP削除)〕:このオプションを選択すると、フィルタに設定された調整を、コントロールポイントも含めて全てリセットします。

8.〔フィルタスタックからフィルタを取り除く〕ボタン〔+〕
このボタンをクリックすると、選択され適用されたフィルタを削除します。

9.〔フィルタ〕の調整コントロールパレット
このパレットにあるスライダは、フィルタ毎に変わります。フィルタのスライダに関して詳しいことは、このFAQの〔フィルタの概要〕ページを参照してください。

10.〔コントロールポイント〕セクションのオプション表示/非表示切り替えボタン
このボタンをクリックすると、コントロールポイント用のオプションの表示/非表示を切り替えることができます。

11.〔◎ +〕〔不当明度 100%のコントロールポイントを追加〕ボタン
このボタンをクリックして、そのままマウスカーソルをプレビュー画面に移動すると、カーソルが十字印に変わります。画面上で任意の位置でクリックすると、その場所に〔不透明度100%のコントロールポイント〕を設定することができます。最初に〔◎+〕ボタンをクリックすると、フィルタセクション内にある全体の〔不透明度〕スライダの値が〔0%〕になり、フィルタ効果がプレビュー画面で無効になります。これにより、コントロールポイントのフィルタの効果を、部分的に画像に〔100%〕適用することが可能になります。

12.〔◎ ー〕〔不当明度 0%のコントロールポイントを追加〕ボタン
このボタンをクリックすると、プレビュー画面上に〔不透明度0%のコントロールポイント〕を追加できます。〔◎ ー〕をクリックしても、全体の〔不透明度〕スライダは変更されません。これにより、コントロールポイントのフィルタの効果を、部分的に画像に〔0%〕適用する(フィルタ効果を無効にする)ことが可能になります。

 

13.全体の〔不透明度〕スライダ(コントロールパネル内)
このスライダは、該当するフィルタの全体の不透明度を調整することができます。〔◎ +〕〔不透明度 100%のコントロールポイントを追加〕ボタンをクリックしてコントロールポイントを一つ設定すると、この〔不透明度〕スライダが〔100%〕に設定されていても、自動的に〔0%〕に設定されます。ですが、その後、手動で〔不透明度〕スライダを変更することも可能です。

 

14.〔すべてのコントロールポイントの効果をON/OFF〕ボタン
画像にコントロールポイントを追加した後、このボタンをクリックすると、コントロールポイントのリストの左側の〔コントロールポイントの効果を表示/非表示〕チェックボックスに、全て一度にチェックを入れたり外したりできます。このチェックボックスのチェックを外すと、コントロールポイントの効果を画像から無効にすることができます。すべてのコントロールポイントの効果を〔ON〕にすると、全てのコントロールポイントの効果を画像で確認できます。

15.〔サイズ〕スライダの値
ここには、それぞれのコントロールポイントに設定された〔サイズ〕スライダの数値が表示されます。

16.〔すべてのコントロールポイントの選択範囲を表示/非表示〕ボタンとチェックボックス
このチェックボックスにチェックが入ると、コントロールポイントの選択範囲をプレビュー画面上で白黒で表示します。コントロールポイントの選択範囲は白で表示され、選択されていない部分は黒で表示されます。グレーの部分は部分的に選択されている部分です。チェックボックスの一番上にある、このボタンをクリックすると、その下にあるチェックボックスに、全て一度にチェックを入れたり外したりできます。

17.〔クリックして選択したコントロールポイントをグループ化〕ボタン
複数のコントロールポイントを複数選択した後に、このボタンをクリックすると選択したコントロールポイントをグループ化することができます。グループ化されたコントロールポイントは全て連動しており、スライダは全て同じ値になります。グループ化されたコントロールポイントは、単独の場合と同じように機能しますが、一つのコントロールポイントは設定された位置の色やトーンの情報を使いますが、グループ化された場合、複数の位置の色やトーンの情報を総合して調整を行います。これでより精度の高い部分調整が可能になります。複数のコントロールポイントをグループ化すると、一つのコントロールポイントのスライダで全てが一度に調整できます。

複数のコントロールポイントをグループ化すると、コントロールポイントのアイコン表示が変わります。〔サイズ〕スライダは、それぞれのコントロールポイントで調整可能ですが、〔不透明度〕スライダは1つのコントロールポイントのみに表示されます。

18.〔クリックしてコントロールポイントのグループ解除〕ボタン
このボタンをクリックすると、選択したコントロールポイントのグループ化を解除することができます。解除されたコントロールポイントは、削除、変更、または別のグループ化を行うことができます。

19.〔クリックしてコントロールを複製〕ボタン
このボタンをクリックすると、選択されているコントロールポイント(一つまたは複数)を複製することができます。

20.〔クリックして選択したコントロールポイントを削除〕ボタン
このボタンをクリックすると、選択されているコントロールポイント(一つまたは複数)を削除することができます。

21.〔フィルタ追加〕ボタン〔+〕
このボタンをクリックすると、画面右側の欄の下に、新しいフィルタのセクションを追加します。左側の欄からフィルタ(または、プリセット)を一つ選択してクリックすると、このセクションに表示されます。左の欄からフィルタを直接選んでクリックすると、選択されているフィルタと置き換えられてしまうため、フィルタを追加したい場合は、〔Shift〕キーを押したまま左の欄からフィルタを選んでください。

 

〔レシピ〕セクション

Color Efex Pro 4 のレシピを使えば、複数のフィルタの組み合わせをワンクリックで画像に適用できることができます。1つのレシピを画像に適用すると、それまでに適用されている全てのフィルタが削除され、レシピのフィルタで置き換えてしまうので注意してください。全ての置き換えをしないためには、〔Shift〕キーをクリックしたままレシピを適用してください。フィルタが追加されます。〔Shift〕キーをクリックせずにレシピを適用すると、ダイアログが表示され、置き換えをするかどうかを聞いてきます。

1.〔レシピ〕ライブラリ セクション
このセクションには Color Efex Pro 4 で利用できるフィルタの組み合わせを参照できます。

2.〔レシピ〕カテゴリー
〔レシピ〕セクションには、7種類の〔レシピ〕カテゴリーがあり、クリックすると中に入っているレシピの効果をサムネイル画像で確認することができます。予め搭載されている〔サンプルレシピ〕に加えて、自分自身でレシピを作成したり、他のユーザーの作ったレシピを読み込んだり、インターネットからダウンロードしていただけます。〔レシピを保存〕ボタン(4.を参照)をクリックすると、新しいレシピが作成され、〔カスタム〕カテゴリーに保存されます。読み込んだ(インポートした)レシピは〔読み込み〕カテゴリー内に保存されます。

3.〔読み込み〕ボタン
このボタンをクリックすると、ファイルブラウザが開き、読み込む(インポートする)レシピのファイルを参照して選択することができます。複数のレシピを選択したいばあいは〔Shift〕キーをクリックしたまま連続して選択してください。読み込んだレシピは全て〔読み込み〕カテゴリーに追加されます。

4.〔レシピを保存〕ボタン
プレビュー画面の右側にあるフィルタ調整セクションの一番下にある〔レシピを保存〕ボタンをクリックすると、作業中の全てのフィルタ、スライダの設定、プルダウンメニューの選択を〔カスタム〕カテゴリーにカスタムレシピとして保存することができます。ただし、画像に設定されているコントロールポイントはカスタムレシピ内には保存されません。レシピ内にコントロールポイントを保存したい場合、〔Shift〕キーを押しながら〔レシピを保存〕ボタンをクリックしてください。

 

次の機能は〔カスタム〕と〔読み込み〕カテゴリーのレシピに利用できます:

5.〔すべて書き出し〕ボタン
このボタンをクリックすると、選択されたカテゴリーに入っているすべてのレシピを書き出して保存することができます。これを使えば、レシピをファイルにしてバックアップ保存が可能です。また。セクションの下にある〔読み込み〕ボタンをクリックすると、ダイアログが表示され、読み込みたいレシピを選択して一度に読み込むことが可能です。

6.〔x〕〔クリックしてこのレシピを削除〕ボタン
〔カスタム〕と〔読み込み〕カテゴリーのレシピのサムネイル画像にマウスを重ねると、画像の左上の隅に表示されます。このボタンをクリックすると、レシピを削除することができます。

7.〔➚〕〔クリックしてこのレシピを書き出し〕ボタン
〔カスタム〕と〔読み込み〕カテゴリーのレシピのサムネイル画像にマウスを重ねると画像の右上の隅に表示されます。このボタンをクリックすると、レシピをファイル(接尾辞 .np)の形でバックアップ保存ができます。

8.〔🔁〕〔クリックしてこのレシピを現在の設定にアップデート〕ボタン(カスタムプリセットのみ)
〔カスタム〕カテゴリーのレシピのサムネイル画像にマウスを重ねると画像の右下の隅に表示されます。このボタンをクリックすると、現在調整されているフィルタの設定でレシピをアップデートします。ただし、コントロールポイントは保存されません。

 

〔ヒストリー〕ブラウザ

 

1.〔ヒストリー〕ブラウザ
〔ヒストリー〕をクリックすると、〔ヒストリー〕ブラウザが表示され、補正の履歴を参照することができます。リストの左の黄色い〔ヒストリー選択スライダ〕をクリック&ドラッグで上下に移動すると、〔比較〕ボタンをクリックすると表示される補正状態の比較対象を変えることができます。

2.既に適用された補正項目のリスト
〔ヒストリー〕ブラウザを開くと、今までに操作した全ての補正項目がリストに表示されます。このリストの補正項目上を一つ選んでクリックすると、その段階の補正内容に戻って画像に適用されます。ここで、右側の補正セクションを使って画像に新しい補正を追加すると、先ほど選択した段階の後の補正履歴が全て削除され、新しい補正項目が〔ヒストリー〕ブラウザに記録されます。

3 .〔ヒストリー選択スライダ〕
〔ヒストリー選択スライダ〕を上下にクリック&ドラッグすると、〔分割プレビュー〕と〔並列プレビュー〕モードで、補正の前後の比較対象を変更することができます。(〔単一画像プレビュー〕選択時には、〔比較〕ボタンをクリックすると〔ヒストリー選択スライダ〕が表示されます)。〔ヒストリー選択スライダ〕を一番上の〔オリジナル画像〕に合わせると、補正効果が適用された現在の画像と、オリジナルの補正前の画像を比較することができます。

4.〔最後のフィルタの状態〕ボタン
このボタンをクリックすると、Color Efex Pro 4 内で処理された最後の画像と同じ補正内容を適用することができます。

 

〔ルーペ&ヒストグラム〕セクション

 

1.〔ルーペ〕ボタン
このボタンをクリックすると、このウィンドウ内に、プレビュー画面上のマウスカーソルが示す部分をズーム率100%で表示します。これで、画像全体をズーム拡大する必要なく、画面の細かいディテールを確認することが可能になります。

2.〔ヒストグラム〕ボタン
このボタンをクリックすると、画像のヒストグラムが表示され、画像全体の明るさの分布をプレビューすることができます。

3.〔ルーペの場所を解除〕ボタン
画面上にマウスカーソルを移動して、右クリックするとと、その場所がルーペに固定されます。ロックを解除するには、画面上にマウスを移動して再び右クリックするか、〔ルーペの場所を解除〕ボタンをクリックします。

4.〔クリップ シャドウ/クリップ ハイライト〕表示/非表示チェックボックス
このチェックボックスを使えば、画像上とルーペ内のクリッピングの表示/非表示を切り替えることができます。シャドウクリッピングは赤で、ハイライトクリッピングは黄緑で表示されます。

 

その他の機能

 

1.〔ヘルプ〕ボタン
このボタンをクリックすると、Color Efex Pro 4 に関するサポートページがインターネットブラウザ上で開きます。英語表示の場合は、画面右下の言語変更ボタンを使って日本語に変更してください。

2.〔設定〕ボタン
このボタンをクリックすると、Color Efex Pro 4 のインターフェースや機能のデフォルト設定を変更することができます。

3.〔ブラシ〕ボタン
このボタンは、Color Efex Pro 4 を Adobe Photoshop のプラグインとして使っているときにだけ利用できます。ブラシボタンをクリックすると、新しいレイヤーではなくマスクとして適用されるので、補正効果をブラシを使ってつけたり外したりできます。

4.〔キャンセル〕ボタン
Color Efex Pro 4 を開いてから行った全ての補正設定をキャンセルしてホストアプリケーションに戻ることができます。この場合、画像に対する変更は保存されません。

5.〔OK(保存)〕ボタン
このボタンをクリックすると、選択された画像に補正効果が適用され処理されます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント