フォローする

リアルな HDR 画像を作る方法

HDR 画像をもっとリアルに見せる方法を教えてください

HDR 画像がリアルに見えないことがよくありますが、要因はさまざまです。リアルな画像を目指すには、次の点に留意してください。 一般に、写真の画像の階調はフル レンジです。つまり、画像には通常、黒から白までの範囲のオブジェクトが含まれます。画像全体の色や階調の変化を確認しながら、Background Color Selector を使用して、背景をデフォルトのグレーから黒や白に変更します。エフェクトを適用する前に、白く表示されるオブジェクトが実際に白に近い色で、黒く表示されるオブジェクトが実際の黒に近い色であることを確認してください。

シャドウはシャドウとして表現します。HDR 画像にトーン圧縮をかけすぎると、シャドウが部分が明るくなり周囲のオブジェクトと同じような階調になってしまうことがよくあります。その結果、リアルに見えない違和感のある画像になります。このような場合は、トーン圧縮スライダーの値を下げて、コントラスト スライダーの値を上げます。または、シャドウ部分にコントロール ポイントを追加して、露出スライダーを調整します。

HDR 処理で画像の彩度が不自然なレベルに上がってしまうことがあります。特に植物の葉などは、彩度を若干下げることで自然に見えるようになります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント