フォローする

色収差

画像から色収差のアーティファクト(オブジェクトの周りにある赤と青のアウトライン)を除去する方法を教えてください。

最良の結果を得るために、画像を HDR Efex Pro に統合する前に、色収差の補正を適用することをおすすめします。一般に色収差は、Adobe Camera Raw、Lightroom、Aperture、Capture NX などの RAW 現像ユーティリティで除去できます。これらのアプリケーションでは多くの場合、レンズ データを利用して、使用したカメラとレンズの組み合わせに合わせて色収差の補正値を調整します。HDR Efex Pro 2 で手動で色収差の補正を適用することもできます。

 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント