フォローする

〔最終調整〕セクションの説明

Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash.jpg SILVER-EFEX_C_RF_01_AP_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash.jpg
補正前 補正後

完全なオールインンワンのモノクロ変換ソリューションを提供するために、Silver Efex Pro 2 には画像の仕上げに使用できる多彩な〔最終調整〕オプションが搭載されています。

Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash.jpg
補正前

先ず〔グローバル調整〕 セクションにあるツールは、画像の階調とディテールを調整するために使用します。例えば、〔明るさ〕、〔ダイナミック〕、〔コントラスト〕、〔ストラクチャ〕 の各スライダーを使用すると、階調やディテールを調整して、コントラストと明るさの相互作用を生み出すことができます。

SILVER-EFEX_C_RF_Traitement_1_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash_-_JPG.jpg

画像に適用する〔最終調整〕の 1 つに、〔トーニング〕ツールがあります。〔トーニング〕のプルダウン メニューから、〔セピア〕の 3 つ目のオプションを選択します。

次に、〔トーニング〕の明るさのレベルをコントロールする〔バランス〕スライダーを一番左に動かします。こうすると暗い値の部分だけがセピア調になります。さらに〔用紙トーニング〕スライダーを 0% にして、用紙を白色に設定します。最後に〔適用量〕スライダーを少しずつ左に移動させ、適切な値にします。

SILVER-EFEX_C_RF_Traitement_2_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash_-_JPG.jpg

画像のエッジ(周縁部)を暗くすると、見る人の注意を画像の中心に留める効果が生まれます。明るいエッジにばかり視線が向けられ、画像から外れてしまうことを防ぐ暗室で行うテクニックです。エッジを暗くすることで、見る人の視線を画像の中心留めることができるようになります。

これを実現するには、〔ヴィネット〕と〔周囲焼き込み〕の 2 つのツールを使用します。まず、〔ヴィネット〕のプルダウンメニューから〔レンズ フォールオフ 2〕を選びます。〔ヴィネット〕セクションの〔円/長方形〕スライダーを右に動かし、〔円〕から〔長方形〕側にします。これにより、画像の長辺にもヴィネットの効果がいくらか現れます。

SILVER-EFEX_C_RF_Traitement_3_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash_-_JPG.jpg

次に〔周囲焼き込み〕セクションを開き、左のエッジを選択して、〔適用量〕、〔サイズ〕、〔ぼけ幅〕の各スライダーをすべて調整します。このようにして、4 つのエッジのそれぞれの階調を画像に合わせて調整することができます。

SILVER-EFEX_C_RF_Traitement_4_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash_-_JPG.jpg

最後に画像フレームを追加します。〔画像フレーム〕のプルダウン メニューから〔タイプ 11〕の画像フレームを選択し、〔サイズ〕、〔スプレッド〕、〔なめらか/ラフ〕の各スライダーをすべて左に動かします。画像に合ったフレームになるまで、〔バリエーション〕ボタンを何度も選択します。

SILVER-EFEX_C_RF_Traitement_5_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash_-_JPG.jpg

SILVER-EFEX_C_RF_01_AP_Photo_by_LoboStudio_Hamburg_on_Unsplash.jpg
補正後

写真サイトUnsplash のLoboStudio Hamburg氏による写真

 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント