フォローする

Photoshop を介したバッチ処理

 

バッチ処理で使用するアクションの作成

  1. 画像を Photoshop で開きます。
  2. [ウィンドウ] > [アクション] をクリックして [アクション] タブを開きます。
  3. Photoshop の [アクション] タブで、下部のゴミ箱アイコンの左にある Create new action アイコンをクリックし、アクションの名前を入力します。
  4. [アクション] タブの Begin recording アイコンをクリックして、アクションの記録を開始します。
  5. [レイヤー] パレットで画像のレイヤーを複製し、複製した新しいレイヤーを選択していることを確認します。
  6. Analog Efex Pro 2 内でこの画像を編集します。
  7. [アクション] タブの Stop playing/recording をクリックします。これでアクションが作成され、[アクション] タブに表示されます。

バッチ処理の実行

  1. 新しいフォルダをデスクトップに作成し、フォルダ名を変更します。このフォルダ名には、アクション名に「処理済み」という単語を追加した名前(「ぼかし_処理完了」など)を使用します。アクション適用後の画像はこのフォルダにすべて保存します。
  2. Photoshop で [ファイル] > [自動処理] メニューを選択し、[バッチ] を選択します。
  3. 先ほど作成したアクションが [アクション] メニューに表示されていることを確認します。該当するアクションが表示されていない場合は、メニューをクリックし、該当するアクションを選択します。
  4. [ソース] で [フォルダー] を選択し、[選択] をクリックします。バッチ処理を適用するすべての画像が置かれているフォルダを指定します。
  5. [実行後] で [フォルダー] を選択します。[選択] をクリックし、先ほどデスクトップに作成したフォルダを指定します。たとえば、「ぼかし_処理完了」フォルダを指定します。
  6. [OK] をクリックします。

バッチ処理が始まると、フォルダ内のすべての画像に [アクション] のフィルタが適用されます。フィルタを適用した画像は、先ほどデスクトップに作成したフォルダに新しいコピーとして保存されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント