フォローする

LPI と DPI の違い

LPI と DPI の違いは何ですか。

LPI(Lines Per Inch)は 1 インチあたりの線数を表し、スクリーン線数とも呼ばれます。印刷会社が印刷時のハーフトーン スクリーンの解像度を表すために使用する単位です(この値を入手するには、印刷会社に問い合わせてください)。

DPI(Dots Per Inch)は 1 インチあたりのドット密度を表し、一般に非ハーフ ライン デバイスで 1 インチに配置されるインク滴の数を示すために使用されます(プリンターで使用される DPI 解像度を確認するには、プリンターの説明書を参照してください)。

また、一部のアプリケーションでは、ファイルの解像度を示すために DPI を使用します。ただし、これはファイルの解像度であり、物理的なドットで構成されているのではなく、画像の高さと幅のピクセル数を指しています。1 インチあたりまたは 1 センチメートルあたりで表されるすべての値は、画像の物理的な表現に関連した値であり、出力デバイスのみに関係します。

出力に関係するファイルの解像度をより正確に表す単位は、PPI(pixels per inch、1 インチあたりのピクセル数)です。画像編集アプリケーション内での DPI や PPI の値は、画像をプリンターや出力デバイスに送るときに、その画像の 1 平方インチを構成するピクセルの数を示します。その出力デバイスは独自の変換システムを使用して、これらのピクセルを物理的な表現に変換します。

プリンターの DPI と、画像の DPI または PPI を混同しないことが重要です。たとえば、水平方向に 1440 個、垂直方向に 720 個のインク滴を使用して 1 平方インチを印刷するインクジェット プリンターの場合、同じ 1 平方インチに必要な水平および垂直方向のピクセル数は 200 から 300 にすぎません。

一般的な原則として、プリンターの LPI や DPI の設定値とは関係なく、画像編集アプリケーションでは画像の解像度として 300 DPI または PPI を使用します。画像を表示デバイス(モニターやプロジェクターなど)に表示する場合は例外で、この場合は解像度 72 DPI が標準です。

結論として、Sharpener Pro 3.0 内で DPI または LPI の設定値を決定するときは、印刷会社に問い合わせるかプリンターのマニュアルを参照して、プリンターで使用される解像度(LPI または DPI)を確認します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント