フォローする

GoPro用の光学モジュールは、画像の向きが縦になっている場合、何故不自然なディストーション補正を実行するのですか?

GoPro用の光学モジュールは、カメラから直接出力した「横向き」画像の補正処理をするように開発されています。市場で利用できるほとんどのカメラと違い、GoProから出力された画像には画像の向き情報が入っていません。

DxO Optics Proで補正処理する前に、画像が「縦向き」に修正されている場合、光学モジュールには、この変更を検知することができず、画像があたかも横向きであるか のように補正されてしまいます。(例えばWindows画像ビューアの回転ツールを使って修正すると、回転した画像のEXIF情報が変更されてしまいま す。)

他のプログラムで画像を左右どちらかに90°回転させた場合、同じプログラムを使って、その逆方向に90°回転させればDxO Optics Proによる補正が可能になります。

DxO Optics Proで画像を補正する場合、原則、画像に対して修正を加えないことをお勧めします。

 

メモ:画像を自分の望む方向に回転させて表示させたい場合は、Picasaなどの画像内の情報修正を実行しないタイプのプログラムを使うことをお勧めします。これなら画像情報に修正がかからずDxO光学モジュールで補正が可能になります。

もちろんDxO Optics Pro内で画像の向きを変えることもできます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント