フォローする

DxO OpticsPro 11 を既に持っている場合、DxO ViewPoint 1 または 2 のスタンドアロン版を使う意味はありますか?

DxO OpticsPro 11 には DxO ViewPoint の機能が入っていません。

このため DxO ViewPoint のパース補正やディストーション補正機能を使いたい場合、DxO ViewPoint 1/2、 またはDxO ViewPoint プラグイン版を DxO OpticsPro内でライセンス認証する必要があります。

また、パース補正に関して専用のインターフェースがあるViewPoint のスタンドアロン版の方が使いやすいという点もあります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント