フォローする

Nik Collection by DxO の「非破壊方式ワークフロー」とはどんなものですか?

画像を選択してプラグイン(Perspective EFEX を除く)にエクスポートして、非破壊方式ワークフローを行うには、画像を TIFF 形式に変換し、〔保存して後で編集を再開する〕チェックボックス(プラグイン画面右下の〔キャンセル〕と〔保存〕ボタンの左)に☑を入れる必要があります。新規に作成された TIFF 画像は、〔一旦保存し再編集〕チェックボックスに☑が入っていれば、使用しているプラグイン内で何度でも補正をやり直すことが可能になります。最後の編集状態が保存されまますが、必要であれば、Adobe Photoshop や Lightroom で再編集が可能になります。しかし、これらのホストアプリケーションで元画像に戻ることはできません。詳しいことは、ユーザーズガイドの説明とスクリーンショットを御覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント