フォローする

DxO PhotoLab の 2 つのエディション(版)の違いは何ですか?

この情報は、これらのバージョンに関するものになります: 5

 

DxO PhotoLab  には、ESSENTIAL  版と ELITE 版の 2 つがあり、どちらもサポートしているカメラは同じで、使える機能に違いがあります。

ESSENTIAL 版に含まれる機能 ELITE 版では次の機能もご利用いただけます。
  • アクティブ化 2
  • DxO フォトライブラリ
  • キーワードのサポート
  • キーワードのツリー表示 NEW
  • EXIF 編集 NEW
  • フォトライブラリでのメタデータの表示 NEW
  • メタデータの選択的エクスポートオプション NEW
  • メタデータの標準コピーペースト NEW
  • フル画面モード
  • 補正タイプによるパレットの絞り込み
  • 部分調整
  • コントロールポイント (U POINT™ テクノロジー)
  • コントロールライン NEW
  • コントロールポイントとコントロールラインの選択 NEW
  • 部分調整マスクの管理
  • 光学補正
  • 光学シャープネス
  • ジオメトリ補正 (DxO ViewPoint プラグインの追加により可能)
  • プリセット
  • RAW 変換
  • 高品質のノイズ除去(RAWおよびJPEG)
  • DxO Smart Lighting
  • スポット測光機能
  • 選択的トーン
  • HSL と DxO ColorWheel  
  • 彩度過多の保護
  • 修正ツール
  • 設定の選択コピー&ペースト
  • ロット処理
  • DxO Advanced History
  • 統合されたエクスポート機能
  • 銀塩写真の仕上がり (DxO FilmPack プラグインの追加により可能)
  • Adobe Lightroom との連携
  • アクティブ化 3
  • DxO PRIME
  • DxO DeepPRIME
  • X-Trans のサポート NEW
  • DxO ClearView Plus
  • DxO Instant Watermarking
  • モワレ補正ツール
  • パーソナライズされたパレットの作成
  • お気に入りツールによるパレットの絞り込み
  • アクティブな補正によるパレットの絞り込み
  • ツールの検索
  • 写真名の一括編集
  • メタデータの選択的コピーペースト NEW
  • DCP プロファイルの管理
  • カメラキャリブレーションの ICC プロファイル管理
  • カラーレンダリングプロファイル
  • 複数出力
  • プリセットの編集
  • 部分プリセットの作成
  • IPTC 編集 NEW

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント