フォローする

DeepPRIME* とハードウェアとの高速化の関係

With DeepPRIME の搭載で、DxO PhotoLab はデジタルノイズ除去の分野で大きく前進しました。このメソッドは現在利用可能なノイズ除去テクノロジーの中で最先端で、人間の脳の働きに似せた「ディープニューラルネットワーク」と呼ばれる構造を活用しています。何十億のノイズの入ったRAW画像をサンプルとして入力し、ノイズ除去を行った画像を出力することで、ニューラルネットワークは非常に洗練されたRAW変換のアルゴリズムを開発することに成功しました。

 

このようなニューラルネットワークを使って画像のデモザイキングとノイズ除去を行う際、非常に大きな計算力が必要になります。これは数年前までは考えもできなかったことですが、最新鋭のGPU(グラフィック プロセシング ユニット)により、この負担に応えることが可能になりました。

 

DeepPRIME は、WindowsとMacOSの両方で、GPUに関する最適化が実現されています。

より快適にお使いいただくため、以下の奨励されるシステム要件を満たすようにしてください。

 

Windows でのシステム要件

NVIDIA GTX™ 1060, AMD Radeon™ RX 580 またはそれ以上

 

macOS でのシステム要件

AMD Radeon™ R9 M290X またはそれ以上

 

奨励されたGPUでは、2メガピクセル/秒の速度で処理をすることが可能です(性能が上になるほど、処理速度は上がります)GPUの計算力の比較をしたい場合、独立オンラインベンチマークをご参照いただけます(例えば https://www.videocardbenchmark.net 、または https://www.tomshardware.com/reviews/gpu-hierarchy,4388.htm)。

 

奨励された GPU がコンピュータに搭載されていない場合でも、DeepPRIMEを使う事は可能ですか?

はい。DeepPRIMEは、GPU高速処理に関して最適化されていますが、コンピュータの仕様がシステム要件にマッチしなかったり、互換性のないGPU(DxO PhotoLabは互換性のないGPUを自動的に使いません)を搭載していても使う事が可能です。ただ、その場合、処理時間が非常にかかる様になることに留意してください。出力された画質はどちらも変化がありません。

 

DeepPRIME を最大限活用するには以下のことに留意してください:

  • お使いのコンピュータのOS と GPU のドライバーを両方とも最新版にアップデートしてください。
  • DxO PhotoLab 4 は、DeepPRIME の高速化を図るために自動的に最適なハードウェア(CPUあるいはGPU)を検知しますが、コンフィギュレーションによっては、このオプションを手動で選択する必要が出てきます。このためには、編集メニュー>プリファレンス>パフォーマンス>DeepPRIME高速処理(Windows)、あるいは、DxO PhotoLab >プリファレンス>アドバンス(Mac)で、デフォルト設定の〔自動選択〕から〔CPUのみを使用〕に変更するか、検知されたGPU を手動で選択してください。
  • DxO PhotoLab 4 は性能の低い GPU(例えば、AMD RX550)に対しても、処理時間とソフトウェアの安定性の最適バランスを実現するために処理テストを行っております。Windowsで、性能の低いGPUをお使いの場合、画面のカクツキが発生してもDeepPRIMEの処理を優先することが出来ます。このためには、コンピュータの隠れ設定を変更する必要があります。注意:これは画面のカクツキや動作の安定性の低下を招きます。このリスクを承知の上でご利用ください。変更操作に自信がない場合は、おすすめいたしません。

以下の手順に沿って操作してください。

  1. DxO PhotoLab を閉じてください。
  2. この場所にあるファイルを探して開いてください:C:\Program Files\DxO\DxO PhotoLab 4\DxO.PhotoLab.exe.config。.次に、“WinMLUseGraphicQueue” の設定を検索して、setting, “<value>False</value>” を “<value>True</value>”で置き換えてください。
  3. DxO PhotoLab を再起動してください。

これで顕著な改善がみられなかったり、コンピュータが変な動作をする場合、前の設定に戻すことを強くお勧めします。


留意点:この隠れ設定は、低い性能のGPUに有効で、ほとんどのグラフィックカードには影響がありません。

 

*DeepPRIME のノイズ除去は、DxO PhotoLab 4 ELITE 版のみでご利用いただけます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント