画像のディストーション補正を調整したり、無効にするにはどうすればよいですか?

この情報の対象となるバージョン:1 と 2

RAW 処理セクションの RAW 処理のポップアップまたは DxO 光学補正のサブセクションで下向きの矢印をクリックしてオプションを開きます。

ディストーション補正は HQ、PRIME、DeepPRIME を使用する際に、有効または無効にできます。

DeepPRIME では 2 種類のレンズディストーション補正を選択できます。

  • 切り替えボタンを ON にすると、グローバルのレンズシャープネス効果が適用され、
  • OFF にすると細かいディテールの強調のみが適用されます。

それ以外のディストーション補正レベルは利用できません。 DxO PureRAW はワンクリックで効果を適用できるソリューションとして設計されています。より詳細にコントロールしたい場合は、DxO PhotoLab を使用することをお勧めします。DxO PhotoLab は DxO PureRAW と同じ補正エンジンを使用していますが、RAW 変換と画像処理の包括的なコントロールも行えます。

注:光学補正を適用したくない場合、光学モジュールを使用しないことを選択できます。その場合、[画像を処理] ボタンの横にある〔DxO モジュール〕からモジュールマネージャーを開き、「撮影に使用した機材を選択してください XXX」から「該当なし (補正は適用されません)」を選択します。

この記事は役に立ちましたか?

2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする