自分のレーティング (または他のメタデータ) が DxO PhotoLab でマスター画像に表示されないのはなぜですか?

この情報は、これらのバージョンに関するものになります: 5

DxO PhotoLab ではバージョン 5 以降、.dop ファイルではなく.xmp ファイルからレーティングデータを読み込むようになりました。

この変更により、サードパーティアプリケーション (Adobe Lightroom など) と連携しやすくなり、画像レーティングの一貫性を保てるようになりました。

DxO PhotoLab が正しいデータを考慮するようにするには、[プリファレンス] の [全般] タブで [メタデータの同期] から [常に同期する] を選択するか、.xmp ファイルからメタデータを手動で読み込み/書き込みます。

以下の図では、サイドカーファイルから DxO PhotoLab がデータを処理する方法の概要を示します (クリックすると拡大します)。

Screenshot_JA.png

注: DxO PhotoLab はマスター画像とバーチャルコピーの両方で DxO PhotoLab データベースにすべてのデータ (補正設定、属性、メタデータ) も書き込みます。

同期がオフになっている場合、すべてのデータはデータベースから読み込まれます。 ユーザーがデータベースのデータを更新したい場合は、ファイルからデータを手動でインポートする必要があります。

同期がオンになっている場合、データでは最新の変更が優先されます。 つまり、ユーザーがサードパーティアプリケーションでメタデータ情報を更新した場合、DxO PhotoLab はその情報を読み込み、データベースの既存データを上書きします (サードパーティのデータが最新のデータとして検出されるため)。

この記事は役に立ちましたか?

2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする