Nik Collection を使った非破壊方式ワークフローの仕組みを教えてください。

この情報の対象となるバージョン:3、4、5、6

画像を 1 枚選択し、いずれかのプラグイン(Perspective EFEX を除くにエクスポートする場合、非破壊方式ワークフローを使用するには、画像を TIFF ファイルに変換し、プラグインでプレビュー画像のすぐ下にある保存して後で編集を再開するファイルが大きくなる)のチェックボックスにチェックマークを入れる必要があります。 新規に作成された TIFF 画像は、保存して後で編集を再開する(ファイルが大きくなる)〕チェックボックスを選択していれば、編集されたプラグイン内で何度でも補正をやり直すことができます。 TIFF ファイルで最後に保存されたレンダリングは、必要な場合 Adobe Photoshop または Adobe Lightroom Classic で再編集できますが、これらのアプリケーションから元の画像に戻ることはできません。 詳しい情報とスクリーンショットは、ユーザーガイドをご覧ください。

この記事からユーザーガイドを直接参照するには、このリンクをクリックし、関連するソフトウェアの言語を選択してください。

この記事は役に立ちましたか?

9人中6人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする