DxO FilmPack でサポートされているファイル形式はどれですか?

この情報はすべてのバージョンに適用されます

DxO FilmPack をスタンドアロンモードで使用している場合は、すべての JPEG または TIFF ファイルだけでなく、サポートされている RAW ファイル(下記の Web ページのリストを参照)を読み込みできます。 RAW ファイルを使用することで、DxO 光学モジュールの恩恵を受け、ディストーション、ヴィネット、色収差を補正できるだけでなく、弊社が開発したすべてのアナログ フィルム エミュレーションの色対応プロセスから最も正確なレンダリングを取得することができます。 互換性のあるホストアプリケーション内からプラグインとして起動する場合は、ホストソフトウェアでサポートされている RAW 画像形式を使用できます。 DxO FilmPack は DxO PhotoLab にシームレスに統合され、プラグインとして別のウィンドウを開くことなく、アプリケーション内の専用パレットとして使う事ができます。

この記事から直接、サポートされているカメラとレンズのページを閲覧するためには、このリンクをクリックしてください。

この記事は役に立ちましたか?

8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする