DxO リリース以前のバージョンから Nik Collection by DxO にプリセットやレシピを手動でエクスポートまたはインポートするには、どうすればよいですか? (Windows のみ)

この情報の対象となるバージョン:3、4、5

インストールまたはアンインストールのプロセスでカスタムとインポートしたプリセットを削除しないを選択しなかった場合、DxO はプリセットの削除に対する責任は負いかねます。

ユーザープリセットを使うと、複数の画像を同じ方法で改善することができます。  ユーザープリセットは Analog Efex Pro、HDR Efex Pro、Silver Efex Pro、Viveza(Nik Collection 4 以降)および Color Efex Pro で使用できます(以前は「レシピ」と呼ばれていましたが、Nik Collection 5 以降から「ユーザープリセット」になりました)。

カスタムプリセットとレシピのエクスポート書き出し) 方法:

ソフトウェアを再インストールしたり、新しいコンピュータにインストールする際、自分が作成したりインポートしたカスタムプリセットとレシピを保存し、後で再インポートするために、エクスポートしておきたい場合があります。 また、エクスポートにより、プリセットやレシピを友達や他のユーザーと共有することもできます。

プリセットとレシピのエクスポートは、以下の手順で行います。

  • 対象のプラグインで画像を開きます。
  • エクスポートするプリセットまたはレシピにアクセスします (: この方法は、自分が作成またはインポートしたプリセットとレシピだけで使用できます。 その他すべてのプリセットとレシピは、すでにソフトウェアに含まれています)
  • プリセットまたはレシピの画像サムネイルにカーソルを重ねてアイコンを表示し、隅にある矢印のアイコンをクリックします。
  • エクスポートするファイルの保存先を選択し、保存します。 ファイル拡張子は「.np」です。
  • エクスポートしたプリセットとレシピは、これで各プラグインにインポートできます。
  • 自分のプリセットとレシピをすべて一度にエクスポートするには、[すべて書き出し] ボタンを使用します。

カスタムプリセットとレシピのインポート読み込み方法

カスタムプリセットとレシピは、手動、または Nik Collection のインポート機能を使ってインポートできます。

カスタムレシピは「\Users\<user_account>\AppData\Local\Google」から「\Users\<user_account>\AppData\Local\DxO」に移動する必要があります。

 

Nik Collection 5 のみ:

例えば、Color Efex Pro 5 のユーザープリセットのデータは以下の手順でコピーします。

コピー元: \Users\<user_account>\AppData\Local\Google\Color Efex Pro 4\UserPresets

コピー先: \Users\<user_account>\AppData\Local\DxO\Color Efex Pro 5\UserPresets

 

Nik Collection 3、4 のみ:

例えば、Color Efex Pro 4 のカスタムレシピのデータは以下の手順でコピーします。

コピー元 \Users\<user_account>\AppData\Local\Google\Color Efex Pro 4\UserPresets

コピー先: \Users\<user_account>\AppData\Local\DxO\Color Efex Pro 4\UserPresets

この記事は役に立ちましたか?

8人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする