DxO PureRAW は JPEG や TIFF にも使えますか?

この情報はすべてのバージョンに適用されます

DxO PureRAW の基本方針は、RAW ファイルを前処理することで最高画質を実現することです。

RAW 形式を扱う事で、画像処理ワークフローの初期段階で、センサーから受信した信号のできるだけ近くで、最もシンプルで効率的なモデルで介入することを可能にし、このモデルは当社のラボとエンジニアによるキャリブレーションによってサポートされています。このように制御されたパラメーターの組み合わせのおかげで、私たちは処理の結果に大きな影響を与えることが可能になります。

RGB 画像(JPEGTIFF、リニア DNG)の場合、ノイズ除去は画像処理の後半で行われ、すでに様々な補正やパラメータ(デモザイキングやカメラ本体によるノイズ除去、JPEG 圧縮など)が行われた後になります。

この記事は役に立ちましたか?

110人中50人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする