ファイルの処理後、歪みが出ているようです。

この情報は、最新のバージョンに適用

DxO PureRAW 2.5 と DxO PhotoLab 6.2 およびそれ以前のバージョンでは、ディストーション補正を使用した場合、撮影結果の画像の角がわずかに切り取られ、最大長方形の画像領域となりました。

DxO PureRAW 3 と DxO PhotoLab 6.3 以降では、レンズから投影された画像をすべて利用することが可能です。この結果、黒い部分ができますが、これは画像の一部ではないので、一見すると歪曲と誤解されるかもしれません。しかし、これはあくまでも画像の外形であり、シーンの一部である線は完全に直線になります。

歪み補正中にクロップ行う場合、各画像または画像のバッチに対して3つのオプションから選択できます。

Capture d’écran 2024-02-29 à 14.52.15.png

この記事は役に立ちましたか?

11人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

回答はみつかりましたか?

弊社サポートにお問い合わせしていただけます。
サポートに問い合わせする